cd

CDがコンパクトディスクのイニシャルだなんて事を忘れて久しい。CDというメディアが登場して初めてその音を聞いた時、今までずっと慣れ親しんで来た「バチ!ザーシーーー…」というレコード特有のノイズがないままいきなり何の前触れもなく大音響と共に一曲目が始まってひっくり返ったのを今でも鮮明に覚えている。
「バチ!ザーシーーー…」は音楽会でいうと指揮者が出て来て一通りの拍手が終わってから音楽が始まるまでの、さあ来るぞ来るぞ〜っというあの短い静寂に非常に似ている。それが無くなったのだからどうも最初はタイミングが合なかった。ステレオセットの真ん中に陣取るように座って、さあこれから30分間は誰にも邪魔されず音楽を聴くぞ、というリスニングモードに切り替えるタイミングである。
 
丁寧にジャケットから出して埃を取るとか、レコードがすり減るまで聴くとか、すり減るのがイヤだから保存用にもう一枚買うとか、音楽を聴くまでの雑多なプロセスがコンパクトで音の良いCDに取って代わったころから音楽を大切に聴く気持ちが薄れていったような気がしてならない。音楽のある所に人間が移動していたのにいつの間にか人間の移動に音楽がペットのようについて来るようになった。ある一定以上の音量で空気を介して聴いていたものが鼓膜から数cmの所からヘッドフォーンでプレイするメディアに変わってしまった。A/B面も無く、曲の順番も無くなった。どう考えてもCDは「コンパクトで音の良い」以外取り柄がないように思えて仕方ない。しかも我が家のように何千枚も壁一面にCDがあるともはやコンパクトとも言えない。その音が良いはずのCDを圧縮データ化してわざわざ悪い音にしてiPodとヘッドフォーンで聴いているのだから現代人の音楽を聴く耳は明らかに退化していると言わざるを得ない。
 
…と老人の小言のようなことを書いても仕方がないので先に進もう。CDの直径は12cmだ。ソニーと共にCDを共同開発したオランダのフィリップスは当初自社が開発したカセットテープの対角線と同じ11.5cm、60分の収録時間を推していたが、カラヤンが「1951年のフルトヴェングラー指揮のベートーベンの交響曲第九番(晴れたる青空〜のあの第九です)を収録できる長さにして欲しい」と提案したために12cm、74分収録時間になったという逸話がある。それ以降のDVDなどのディスクメディアが全てこの12cmになった事を考えると歴史的決定だったと言える。
 
12cmの円を書く時に非常に便利に出来ているし、ワイングラスから大きめのマグカップまで幅広く対応できるコースターとしても利用価値大だ。我が家では焼き損ないのCDRやけしからんデキのCDは全てコースターとして第二の人生を送ってもらうことにしている。
しかし以前日本の某業界人から「売れないCDは産業廃棄物ということで静岡の山中にこっそり不法投棄してます」などという話を聞かされると、音が悪くてもオンラインでメディアフリーの音楽配信のほうが世の為人の為地球の為なのかな…と思う今日このごろである。
 
– over –
 
次回は美味しいものネタ。

広告

~ by hiroism : 2008年 6月19日 (木).

コメント / トラックバック8件 to “cd”

  1. えーiPODの音質ダメなんですか?ジョギング中も邪魔にならないし超愛用です。そういえばレコードでちゃんと音楽を聴いたことがありません、、。(clubでなら・・・)

  2. dear shachihoko
    iPodに使われているデータ圧縮技術となるべくコストを下げようとした結果のアナログパーツの安っぽさが悪い音の原因なんじゃないかと私は思っています。でも愛用できるということが一番大切ですよ。そして「良い音のくだらない音楽」より「音質二の次でも良い音楽」のほうが長い目でみると大切です。

  3. アナログレコードの時代は、B面の1曲目には、ビックリするような曲調のものを持ってこようとか、そういう曲の並べ方をしてたみたいですね。そういうのもCDになってからは無くなったと言う話を先人から聞きました。なるほどです。

    それから、最近では、「CDよりmp3の音の方が好き」という人もいますよ。耳を疑ってしまいそうになりますが、実際にある話です。画像で言うなら、圧縮してないTIFFやBMPの画僧より、ぼやけたJPEGの方が好きと言ってるのと同じですから。。。

    テクノロジーの進化で、音楽の制作コストが下がったのはありがたいんですが、一曲の価値は下がりましたよね。音楽だけに限らずソフト業界全般に言える話なんですけどね。ただ、テクノロジーが進化しても、モノを生み出す人が一つの作品に注ぎ込む情熱は、昔と変わっていません!(キッパリ)

    配信も、長い目で見ると過渡期なのかもしれませんね。近い将来、圧縮なしで配信されるようになればいいことですから。長文失礼しました。。。

  4. Dear hiroism,
    Arigatou gozaimasu.
    ありがとうございます。

    Nedless to day, I would be honourated for your linking (^_^)

    Take care!

  5. dear さだ
    レコードからCDへの進化よりさだ吉くんの成長と進化のほうがすごいですね〜確かにA面B面の構成は考えられてましたね。それがすっかり順位の低い曲になっちゃってますけど最近は。

    dear occhidoorientale
    I added your blog to the link section with English translation. Thanx!

  6. 音楽オンチなのですが、私もレコードの方が好きだったな。
    CDが出た時、勿論そんなものは実際に買うまでに数年を要したけど、いわゆるカーステレオたるものがCDに変わった時、「CDも針が飛ぶんと違うん?」見たいな訳分からない事を言い、会社で笑いものになりました(汗)
    毎日UWSでレコードを並べて売っている露天がどうも気になってます。

  7. dear 地板妻
    実はCDもしっかり「針飛び」しますよ!

  8. え?そうなんだ(汗)

    くそ~っ。思いっきり馬鹿にされ、笑いものにされたのに~(怒)プンプン!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。