dog food

我が家には二匹の愛犬がいる。本人達からブログに登場させろと圧力をかけられているのでそのうちご登場頂くがまずは彼らの食生活について書こう。「次回は美味しいものネタ」との予告を出しておいて今回のお題が「 dog food 」とはとんだブラッシュボールである。
 
まずドッグフードなるもの、実際に食べてみた事があるだろうか?実は私は自分で食べた事のないものを我が家の犬達に食べさせた事がない。ドライフードであれ缶であれおやつであれ取りあえずは買って最初に食べてみる。それを繰り返していくと段々これは気に入るなとか、これは食べないだろうとか更にはこれは塩分強すぎだろう、など犬の嗜好が見えて来るのである。一度だけブルーベリー入りのクッキーで犬にあげるにはもったいないほど美味しいものもあったが…
 
さて自分で試食するようになるとやはり気になるのは内容物だ。人間としてさすがに妙なものは食べたくない。まあそれがきっかけでドッグフードのラベルを一文字一句欠かさず読むようになったのだが、ここアメリカではペットフードの成分分布と内容物を多い順に記することが義務づけられている。そこで私はとんでもないものを次々と発見したのだ。
 
まずは by-product なるもの。ビーフ、チキンなどと指定された by-product もあるし単に meat by-product や grain by-product 等もある。このby-product とは要は人間様が消費しない捨てる部位の事である。牛の耳とか鶏のトサカ、家畜の臓物などだ。更に驚くべきは meat by-product で、なんとこれは病気で死んだ家畜、不要になった養鶏所の鶏、行き倒れの野生の動物、さらには処分されたペット類などのことだ。そしてgrain by-product は人間が油を絞ったりバイオ燃料を作ったりした後に残ったコーンのカスや何年も放置されて消費しようのない米などである。その他にもmeat and bone meal、日本語で言う「肉骨粉」も含まれている。これら残飯以下のゴミのような内容物をミンチにして強力な酸化防止剤と防腐剤(ドライタイプのドッグフードの使用期限は一年以上だ)、フレーバー、必要以上の味付け、色などを加えたのが普通に売っている大手ブランドのペットフードの中身だったのである。日本でもコマーシャルを流している某有名ブランドも内容物記述のトップが meat by-product だ。捨てるべきものを商品にしていたのである。これは儲かる商売だと妙に感心してしまった。
 
そこで自らの不明を恥じると共に飼い主も安心して試食できるドッグフードはないものかとドッグフード探求の旅が始まった。犬はそもそもは雑食だが自分で耕作して穀物を収穫していた訳ではないからコーンや麦などは犬にとって非常に消化が悪い。そこで芋や葉っぱ系のもので植物性の炭水化物を摂取できるようなものを探した。更に上質なタンパク質をこれまた上質の肉より取り入れるようにして、さらには出来る限りオーガニックなもので探してみた。ペットフード業界も中国産原材料でここ数年酷い目に合っているので原材料の産出国にもこだわってみた。もちろん防腐剤などの不必要な添加物のないのもポイントの1つである。そうして総合的にみて現在落ち着いているのが NaturaPet というブランドの EVO シリーズだ。決してこのドッグフードが全ての犬に対して最高だとかこれで満足だとか、そう言う事ではない。取りあえず安心して犬達に食べさせられるものに出会ったという認識である。
 
我が家の犬は15歳と13歳でかなりの高齢だが主治医には「理想的な体調」といわれるほど元気である。ペットは自分で食べるものを選べないのだからこれからもこの理想的な体調をキープ出来るようにドッグフード探求をして行きたいと思っている。
 
– over –
 
次回こそ美味しいものネタ。

広告

~ by hiroism : 2008年 6月23日 (月).

コメント / トラックバック6件 to “dog food”

  1. うちの愛犬にもようやく安心出来る御飯を見つけることが出来ました。
    ダイエットにも成功したので本当に良かったなぁと思っております。
    hiroismさんのワンちゃん達のようにうちのワンも健康で長生きして欲しいです。
    お勧めのおやつなどがありましたらまた紹介して下さいね。

  2. dear Carrie
    本当はちゃんとクックしてあげるのが一番なんですけどね。結局人間の都合でいろいろ迷惑かけることになるのでせめて餌ぐらいケチらないで良いものをあげたいですね。

  3. by-product food ってトンデモナイ代物なんですね。でも、ちゃんと記載してあるから良いですよ。今、日本ではうなぎや飛騨牛など偽装事件があとを絶ちません。hiroさんのワンちゃんは幸せ者ですね、近々の登場を楽しみにしています!

  4. こんにちは。久しぶりに覗いてみたら、お題がdog foodでしたね。
    実は飼い犬の餌の正体は難だろう?と家内と話し、
    「食べられるものだといいけど。。。」と言っていたところです。
    参考にさせていただきます。
    でも、2匹もいると散歩が大変ではないですか??

  5. 前に、ご一緒させてもらったので、今後、ドライを試してみようかと思ってます。
    缶をひとつ買って風ちゃんと鈴ちゃんにあげましたが、たまたまなのか?風ちゃんがお腹を壊してしまった模様。
    一日だけだったから大丈夫かな?
    私は中身まではそれほど確認はしてなかったけれど、量なども含めて色々と気を使っているつもりです。お医者さんがいつも褒めちぎるほど健康優良児のママ似に育ちましたよw
    また、ご教授ください♪

  6. dear shachihoko
    by productって英単語からな想像できないほどヤバいものが入っていて私も最初びっくりしました。まあ偽装ではないけど怖いですよね知らずにあげるのは。

    dear 匿名
    日本でも平気で売ってるAルポとかPデグリーとかヤバいです。これからもどんどん良いものを探していきたいと思っています。
    二人は最近歳をとってきて歩くペースが合なくなって来たのでちょっと散歩が大変ですがセントラルパークに入ってしまえば放してしまうので、ちょっと苦労するのは道だけです。

    dear じいた妻
    あら急激に餌を替えたからかもしれませんね。本来は何週間かかけて徐々にですからね。家の二人はけっこうその辺鈍感なので大丈夫ですけど。。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。